好み

どれくらいの人がそうなのかはわからないけれど、その人が好きな色とその人に似合う色はちがうことが多いと思う。特別な根拠はない。ただ、そんな気がする。色だけでなく、形とかもそう。服とかめがねとかバイクとか髪とか、まぁいろいろと。それは、自分で思っている自分と、他人から見た自分がズレているということなのかなと思う。あと、似合うとわかっていたとしても、好きな色を選びたいという気持ちはどうしようもないものだ。髪型だって、似合うと言われても、自分がダサいと思う髪型になんかしたくないだろう。つまり、もし単純にまわりの人によく見られたいと思うのなら、好みなんか置いておいて、自分に似合うものを身につければいい。そうすれば、いつもの自分よりも魅力的に見える。ただ、そうやってまわりに合わせてものを選んでいると、自分のことがわからなくなるかもしれない。まわりに流されて自分を見失いやすくなるかもしれない。まわりに振り回されないように、自分の好みくらいはブレずにしっかり持っておいたほうがいい、と自分は思う。

広告を非表示にする